つわりの時期の食生活は症状に合わせて

つわりの期間は、無理に食べずに食べられるものを食べれば良いというのが基本です。それでも、おなかの赤ちゃんのことを考えるとできるだけ栄養を摂りたいものですよね。

そこで、症状別の食事を考えてみましょう。

吐きづわり

嘔吐や吐き気は、つわりの一般的な症状です。無理に食べると余計に症状が強くなってしまうので、一時的なことと割り切って、無理して食べなくても良いでしょう。
冷たいものは比較的受け付けやすいので、ひと口大のシャーベットなど、少しずつだったら口にしやすいと思います。つわりにも程度があるので、ピーク時以外はある程度食べられるという人が多いものです。

妊娠のごく初期から長期間、まったく食べられないという人は、妊娠悪阻に発展する危険があるので、早めに医師に相談しましょう。ピーク時の短期間であっても、ほとんど食べられない、飲めないという日が続く場合は脱水症状が心配です。氷でも良いので少しずつでも水分補給を心がけましょう。

食べづわり

嘔吐がつわりの代表的な症状ですが、その反対に、食べていないと気持ちが悪くなるというのもよくみられる症状です。
空腹だと胃がムカムカするので、いつも何か食べていたいという状態になると、3食のほかにスナック菓子や飴などを食べてしまいがちです。気づくとカロリーや糖分、脂分の摂り過ぎになっていたということも。

妊娠初期には深刻な状態になることは少ないかもしれませんが、その状態が妊娠後期まで続くと、むくみや高血圧など、マイナートラブルを招いてしまいます。食べづわりの場合は、塩分やカロリーに注意して、できるだけ健康的な食生活を心掛けましょう。

このタイプのつわりの場合、朝起きた時に空腹で気分が悪く、起きられないということになりやすいものです。枕元にクッキーや水を用意しておくと、起きてすぐに口にできて、症状が軽減されます。

においづわり

ご飯の炊けるにおい、焼きそばの香ばしいにおいなど、普段だったら食欲をそそるにおいが苦手になることもあります。整髪剤や化粧品のにおいが苦手になることもありますね。一時的なことで、安定期に入れば嘘のように元に戻りますから、無理せず、できるだけ苦手なにおいを遠ざけるようにしましょう。

逆に、このにおいだったら食べられるというふうに、特定のにおいに固執する傾向が出ることもあります。好きなにおいがあれば、それをかけて食べるのもひとつの方法です。普通の人から見て変わった食べ方になってしまってもこの時期は許されるはず。

妊娠悪阻

食べられなくても良いと言っても、つわりがひどい場合は生命の危険に関わることもあります。飲み物を飲むこともできず吐いてしまう、食べ物をまったく受け付けないという症状で、頭痛やめまい、発熱などの症状も併発する場合は妊娠悪阻の可能性もあります。

妊娠悪阻は、つわりによる脱水が進行し、生命維持に必要な栄養も失われている状態です。
つわりがあっという間に進み、妊娠悪阻になることもあるので、つわりだから仕方がないと思わずにすみやかに受診しましょう。

つわりの症状は、吐き気や眠気などさまざまですが、どの症状も強くてしつこいのが特徴です。どんなに几帳面な人でも普段通り生活するのは難しくなります。そんな時期は無理をしないで、できる範囲で体調維持を優先させるのが良いと思います。

ほとんどの人は妊娠中期以降はつわりから解放されて何でもおいしくなる時期を迎えますから、一時的なことと割り切って、上手に乗り切りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA