妊娠線って何?いつからケアすればいいの?

妊娠線

妊娠すると、それまで聞いたこともなかったワードに出会うことが多くなって戸惑ってしまいますよね。たとえば、妊娠線予防。妊娠して出産後におなかやおしりにできる跡のことですが、知らないと手遅れになってしまうかも。

適切に対処すればキレイに治るので、原因と対処法をチェックしておきましょう!

妊娠線とは

妊娠すると、おなかの皮膚がグンと伸びますが、おしりや胸なども一緒に大きくなります。これは妊娠と出産のためには仕方ないのですが、放っておくと、産後に体型が戻った時に跡が残ってしまうんです。

妊娠線はストレッチマークとも呼ばれていて、要するに、皮膚に残る伸びた跡のことになります。いちどできてしまうとなかなか治らないので、結局、諦めてしまって、水着を着たくなくなってしまうかも。

でも、早めから対処していれば、妊娠線を作らずに済みますよ。
妊娠線は、皮膚の乾燥から生じるものなので、保湿剤を欠かさないようにすることがポイント!
早速、予防のタイミングと方法をご紹介しましょう。

跡が残らないようにするには?

妊娠して皮膚が伸び始めると、皮膚が薄くなり、乾燥しやすくなります。とくに大きくなったおなかの下側の皮膚は薄くカサカサになりやすいんです。ちょっと触って確かめてみて下さい。薄くてカサカサ、ザラザラしていたら要注意です。

おなかの皮膚は、妊娠中期からどんどん伸びていきますが、スキンケアはもっと早くから始めましょう。
というのも、妊娠初期でも、おなかの中では子宮が日に日に大きくなっていて、おなかの皮膚も少しずつ薄くなり始めているのです。それに、保湿剤を毎日欠かさず塗るには、早くから習慣にしているほうが良いですね。
お風呂上がりや朝の着替えの時など、塗るのを習慣にしておくのがポイントです!

妊娠中期以降、おなかが大きくなってきたら、1日2回、欠かさず保湿剤を塗りましょう。おしりや胸周りなども忘れずに。妊娠後期になると、塗る範囲も広くなって手間ですが、妊娠中のケアが大切なのでがんばりましょう!

妊娠線予防のアイテム

では、保湿剤はどのようなものを使うと良いのでしょうか?
妊娠線は、乾燥が原因で皮膚がひび割れてしまった状態です。そうならないためには、保湿効果が長持ちするクリームやオイルがオススメです。
いくつか挙げてみましょう。

妊娠線クリーム・オイル

最近は、妊娠線予防の専用クリームやオイルがいろいろと販売されています。
妊娠線専用のものは、無添加や天然成分中心など、赤ちゃんへの万が一の影響も配慮されていますから、毎日使い続けるアイテムとしては安心ですね。
保湿効果もけっこうあるので、妊娠線予防だけでなく、ボディケア全般にも使えますし、産後も長く使い続けることができますよ。

これまでにも書いた妊娠線クリームの使用感想記事です。よかったらこちらも読んでください。
【妊娠線予防】バイオイルの妊娠線の跡消しや保湿力が抜群だった
【妊娠線予防】ヴェレダ「マザーズボディオイル」を使ってみた
【妊娠線予防】ナチュラルマーククリームは保湿力がイマイチでした

クリームじゃなくても、ベビーオイルや美容オイルでも大丈夫!

わざわざ妊娠線専用クリームを買うほどでも…という人には、産後も赤ちゃんに使えるベビーオイルも良いかもしれません。また、オリーブオイルやホホバオイルなどの天然の美容オイルも、安全性が高く、保湿に効果的です。

ただ、私が器用でないからかもしれませんが、個人的には、オイルよりもクリームのほうが塗りやすかったです。とくにおなかの下側やおしりの下のほうは、オイルだと流れてしまいやすいので、クリームのほうが確実でしたね。
それに、クリームだとマッサージもできるので、気分的にもリラックスできますよ。
その辺りはお好みだと思うので、いろいろ試してみて下さいね。

妊娠線予防グッズ

そのほか、妊娠線を予防するためには、腰回りを支えるというのも効果的なんですよ。
腹帯やガードルなどは、腰を支えると同時に、おなかの皮膚も守ってくれますし、おなかの皮膚が急激に伸びるのも抑えてくれます。乾燥も防いでくれるので、保湿剤を塗った後にしっかり巻いておなかの赤ちゃんも自分のおなかも守りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA