飛行機旅行は妊娠初期より中期が望ましいです

妊婦さんの飛行機旅行

妊娠すると、それまで普通にしていたこともしていいの?と心配になることがあるでしょう。今回は、妊婦さんの飛行機旅行について、情報をまとめてみたいと思います。

妊娠中に飛行機に乗る機会

妊娠してから飛行機に乗る機会は、どんな機会があるでしょうか。
・お盆やお正月などの帰省
・遠方への旅行(海外旅行、新婚旅行を含む)
・出産のための里帰り

乗っても良いのは?

妊婦さんが飛行機に乗ってはいけないということはありません。ただし、体調が悪い時には慎重になりましょう。つわりが落ち着いた時期から臨月(出産予定日の28日前)までが好ましい時期です。

妊娠初期は、つわりで体調が悪いことが多く、流産もしやすい時期なので、なるべく避けましょう。体調が悪い時に無理して乗ってしまうと、機内で体調が悪化し、すぐに病院に行けずに最悪の事態を招いてしまうリスクもあるのです。

安定期に入った妊娠中期は、乗り物に乗るにはいちばん良い時期です。

ただし、つわりが長引いていたり、妊娠中毒症になっていたりする場合は、安静第一です。どうしても乗らなければいけない場合は、事前に掛かりつけの医師に相談しておくことが大切です。

妊娠後期はリスクが大きくなります

妊娠後期になると、おなかも大きくなり、早産のリスクも出てくるので控えたほうが良いとされています。出産前にどうしても乗らなければいけない場合は、なるべく安定期のうちに済ませるのが理想的ですね。

妊娠後期のリスクとしては、早産の可能性環境の変化による急な産気などがあります。

航空会社によっては、次のような規定が設けられていることもあります。
・臨月の妊婦は医師の診断書が必要
・国内線では出産予定日まで7日以内の搭乗には産科医の同伴が必須
・国際線では出産予定日まで14日以内の搭乗には産科医の同伴が必須
臨月とは出産予定日の28日前からですね。この時期に移動しないで済むように、計画的に行動しましょう。

飛行機に乗ることによる母体への影響

エコノミークラス症候群

妊婦さんの飛行機旅行でいちばん心配されるのが、エコノミー症候群です。

長時間同じ姿勢で座り続けていると、脚の静脈に血栓が生じ、それが立ちあがって歩き始めた途端に肺に回って細い血管に詰まり、呼吸困難になり、死に至ることもあります。

飛行機の中は乾燥しているために血液が濃くなりやすく、エコノミークラスの狭い座席でじっとしていると脚の血流が悪くなります。普通の人でもそうなので、おなかが大きく、脚に負担がかかる妊婦さんは要注意です。

気圧の変化

着陸時と離陸時は、気圧の変化により、耳鳴りや胃腸のガスが膨張する、貧血を起こすなどの症状が出る人がいます。ママの体に変化が起きると間接的におなかの赤ちゃんに悪影響を与えてしまうことがありますから、できるだけ体調を整えておきましょう。

飛行機に乗る時の注意事項

機内で気を付けること

エコノミー症候群を防ぐには、座っている時は足首を頻繁に回したり、立ち上がったりしましょう。できればビジネスクラスが良いですが、無理な場合は、次のような対策があります。
・バルクヘッド席を取る。
・2人分の座席を取って間を空けておく。
・キャビンアテンダントさんに妊婦であることを伝えておく。
・リラックスできる服装でおなかを冷やさない対策も取りましょう。
・座席は通路際を選びましょう。トイレに近い場所もオススメです。

バルクヘッド席は、前に座席がなく壁になっていて、足元のスペースが広く、前の座席がリクライニングすることもないという席です。
ただし、人気の座席なので、隣席が埋まっているのが普通です。ネット予約では取れず、電話予約か直前に開放されることもあります。いずれにせよ、バルクヘッド席を希望する場合は、事前に予約方法等を確認しておく必要がありますね。

空港で気を付けること

空港のゲートでのX線検査は、手荷物だけなので心配しなくても大丈夫です。人が通るところでは高周波が使われ、人体に害はないので安心して下さい。

海外にいくときは

新婚旅行や家族・仕事の都合などでどうしても海外に渡航しなくてはいけない方もいるかと思います。
妊娠初期の方を対象に以下の記事も書きましたのでお時間ありましたら読んでもらえたらうれしいです。
妊娠初期の海外旅行で気を付けたい5つのこと

もし海外に行くなら保険には必ず加入。

海外に行かれる時は、必ず海外旅行保険に加入しておきましょう。海外では日本の健康保険が効かないので、治療費が半端なく高いです。
特に妊娠しているときは体が普段と違う調子ですから必須でしょう。妊婦さんの場合は加入できない保険会社が多いですが、一部の保険会社(AIU保険会社など)では加入が可能のようです。

この保険については以下のページがとても詳しくまとまっていましたので保険加入の時は一読しておきましょう。
妊娠中の海外旅行保険【妊婦さんの海外旅行心得】

海外旅行保険に加入しておけば海外現地の治療費はもちろんのこと、出発や帰国の飛行機も保険の対象に含まれますよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA