初めての産婦人科選びは、出産を思い描いて選びましょう!

病院

妊娠したらまずは病院に行って順調に育っているかを確認してもらうことになります。その時に、気軽に近くの産婦人科を受診する人も多いと思いますが、初めから出産を考えて選んでおけば、あとから病院を変更する煩わしさがなくて済みますよね。
最初に病院を選ぶ際のポイントをまとめてみましょう。

産科か婦人科のどちらがいいの?

妊娠について対応してくれるのは、産科、婦人科、産婦人科になります。婦人科だけの病院の場合は、妊婦検診の間は対応してもらえますが、出産は扱っていないので、最終的には産科か産婦人科に移ることになります。産科、産婦人科では、看護師さんのほかに助産師さんがいて、出産前からケアをしてもらえることも。

里帰り出産の予定だったら婦人科でもOK

婦人科だけの病院は出産はできませんが、妊娠後期に実家へ帰って出産するという人なら、初めは婦人科だけの病院でも十分です。その場合は、里帰りの前に帰ってから受診する病院を選び、事前に連絡を取っておくと安心ですね。

大病院のメリットは?

各地域には、ベッド数の多い総合病院や大学病院がある一方、個人病院や助産院もあるでしょう。
それぞれの特色があるので、自分に合った病院を選びましょう。

総合病院は、ベッド数が100以上の病院です。産科には複数の医師が所属していて、曜日によって医師が変わり、予約して行っても臨時に違う医師になることも珍しくありません。設備が整っており、ほかの科とも連携できるので、持病を持っている人や高齢出産になる人には安心ですね。

同じく大規模な病院として、大学病院は、最新の技術と設備が魅力です。ただし、大学病院は紹介状がないと受け付けてもらえないのが普通です。個人病院や総合病院から紹介されて受診するという手順になります。

個人病院

個人病院の場合、医師が1人というところがほとんどです。いつも同じ先生とスタッフに囲まれ、行き届いたケアが受けられるのがメリットですね。ちょっとした体の変化や小さな相談事もしやすいと思います。ただし、出産方法などは、医師の方針が強くなるので、自分の希望する出産ができるかどうか、事前に調べておくと良いでしょう。

助産院

助産院は、利用する人が増えている施設です。ベッド数が10以下で助産師さんが開院している施設を指します。アットホームで、いつでも何でも相談できる雰囲気が魅力ですね。ただし、医療行為はできないので、母体が健康で、赤ちゃんも順調に育っていることが出産の条件になります。

出産方法と通院時間

病院によって、出産方法が決められている場合があります。一般的にはラマーズ法が広く用いられていますが、最近は、ソフロロジー四季、アクティブバース、水中出産などさまざまな出産方法がありますし、麻酔を使用した無痛分娩も人気です。
病院によって扱っているところとそうでないところがあるので、希望する出産方法がある人は事前に調べておきましょう。

また、気に入った病院があっても、あまり遠方の病院は避けましょう。
妊娠後期には、車を長時間運転するのも負担になりますし、バスや電車を乗り継ぐのはもっとたいへんです。安全に出産するためには、30分以内を目安に通える病院をみつけましょう。

私も2人目の時は進行が早く、後から考えると近くて良かったと思いました。当日はどんなふうに進むか分からないので、できるだけ近いほうが安心ですね。

妊娠に気付いてすぐの時期は、出産のことまで考える余裕がないかもしれませんが、病院選びの際には、出産の状況まで考慮して自分に合う病院を選べると良いですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA