妊婦さんの便秘は原因も対処法もいつもの便秘と違う?!

妊婦の便秘

妊娠するとさまざまな体の変化が出てきますが、よく言われる悩みの1つが便秘です。妊娠中の便秘は、普段だったら簡単にできる便秘解消法がとれません。そのため、余計に悪化しやすいのが困ったところ。原因と対処法を考えていきましょう。

妊婦さんが便秘になりやすいのはどうして?

・ホルモンの影響
妊娠中に活発になる黄体ホルモンは、子宮が収縮するのを抑えるはたらきがあります。子宮だけでなく、腸の動きも抑制するので、便秘になりやすいのです。

・水分不足
妊娠中は大腸から体への水分吸収が多くなります。そのため、腸内の水分が不足しがちで、便が硬くなり、排出されにくくなります。

・運動不足
安静にしていなければならない人もいますし、そうでなくても普段のようには動けなくなります。自然に運動不足になってしまい、腸のはたらきも弱まってしまうんですね。

・子宮が腸を圧迫
妊娠後期になると、子宮が大きくなり、腸が圧迫され、血流も悪くなります。

・ストレス
妊娠中は心のバランスが崩れやすい時期でもあります。ストレスが体に影響し、便秘になることもありますよ。

市販薬に注意!

妊娠中の便秘対策には、普段と違う気配りが必要です。
普段は、便秘になると体操や運動をしたり、おなかをクルクルさすったり、市販の便秘薬を使うという方法もありますね。

でも、おなかに赤ちゃんがいる妊娠中は、初期であってもおなかを強く押したり、市販の便秘薬を使ったりするのはNGです。

市販薬は、手軽ですし、妊娠前に常用していた人は残っている薬を何気なく使ってしまうことがあるかもしれません。でも、腸に直接はたらきかけるタイプの市販薬で、万が一下痢を起こすと、腸のすぐ近くにある子宮にも刺激になってしまいます。不安定な時期に腸が急激に動くことで、子宮収縮や流産を招き、赤ちゃんを危険な状態にしてしまう可能性があるのです。

市販薬の中でも、センナなど大腸の運動を活発にする成分が入っているタイプや食物繊維が多いタイプは使わないようにしましょう。市販薬を使う場合は、成分をチェックしましょう。
たとえば、スルーラックは、普通の製品にはセンナなどの強い成分が入っていますが、妊婦さん用におだやかな効き目の種類も販売されています。

食生活

日頃の食事に気をつけることで、便秘を予防したり改善したりすることができます。よく言われるのは野菜中心の食事ですね。

つわりの時期は難しいかもしれませんが、体調が良ければ積極的に野菜を摂りましょう。食物繊維やビタミン、ミネラルなどをたっぷり摂ると、栄養バランスが良くなり、腸な環境も改善されていきます。

また、オリゴ糖は腸のはたらきを自然に改善していく作用があります。おだやかな効き目なので、妊娠中でも安心して使えます。あまくておいしい食品なので、ヨーグルトや飲み物に混ぜたり、料理に使ったりしてもOKです。

毎日少しずつ摂るようにすると、いつの間にかおなかがスッキリできるようになりますよ。

漢方薬

市販薬が使えない代わりに、おだやかに効く漢方はいかがでしょうか。
ただし、漢方の中にも強く腸に働きかける種類もあるので、何を選ぶかは要注意です。漢方薬局で妊娠していることを伝えて調合してもらうか、成分を見きわめて購入し、使うようにしましょう。

処方薬

便秘は妊娠中の大きな悩みです。産婦人科では、妊婦さんでも使える処方薬を用意しています。マグミットはよく処方される薬です。酸化マグネシウムが主成分で、おだやかな効き目です。アローゼンもよく処方されますが、センナ系の強めの薬なので、長期間使うのは避けたいですね。

便秘はつわりの症状を悪化させることもありますから、我慢しないで受診しましょう。次の検診までと無理に待たずに、体調が悪ければ早めに受診して、症状に合った薬を処方してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA